二次感染の証明

予防接種B型肝炎の給付金の請求は、母子感染のような二次感染でもおこなえます。ただし、条件があり、母親が一次感染者であり、集団予防接種によって感染したことが証明が必要です。自分自身がB型肝炎に感染していることも必要で、一緒に証明していかなければいけません。

母子感染二次感染者の場合は、自身の感染だけではなく、家族全員の感染の可能性が高いでしょう。給付金請求をする場合に、母子感染を証明するとともに、全員の感染の証明をしてしまうという方法も取れます。逆にだれも証明できないといった可能性もあるため、専門家におこなってもらうことが必要になってくるでしょう。素人ではどうしても難しいところがあるからです。

B型肝炎の給付金請求は、延長されたといえども平成34年までに期限が切られていることは忘れてはいけない点になるでしょう。できるだけ早めに行動に移すことが重要ですが、弁護士を活用することで、少しでも短時間で進められるようになります。あまり余裕のあることではありませんし、証拠集めで時間もかかりますので、効率のいい方法を選択するのが重要です。少しでも怪しいというところがあるのであれば、確実な方法を選択するべきでしょう。

Pocket

Comments are closed.